Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/topbusiness/topbusiness.wp-x.jp/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 477

リップルの広告がグーグルに再び掲載!仮想通貨XRP利用の自社製品拡大できると断言できる理由とは?

ripple リップルの広告がグーグルに再び掲載!仮想通貨XRP利用の自社製品拡大できると断言できる理由とは?
リップルの広告がグーグルに再び掲載!仮想通貨XRP利用の自社製品拡大できると断言できる理由とは?

こんにちは!
ブログ編集長の
ベガです^^

これから
「リップルの広告がグーグルに再び掲載!仮想通貨XRP利用の自社製品拡大できると断言できる理由とは?」について、
書いていきます。




その広告には
「メキシコやフィリピンへ、
素早く、低コストな送金を」と書かれている。

英外貨送金企業
Mercury FX社は、

リップル社の製品
「xRapid」を利用した送金サービスを、
フィリピンやメキシコなどでマーケティング・
事業展開を行っていることから、
同社の事業内容を例にとっているものと思われます。

また今年3月に、
Mercury FX社のCEOの
Alastair Constance氏は、

既に導入されている
メキシコとフィリピンへの
xRapidを介した送金は、
現在定期的に行われていることを公表。
リップル社との秘密保持契約のため、

具体的
な数字の言及を拒んだものの、
毎週約数百万円の規模で実行されていることを
明かしています。

さらに
リップル社の銀行部門の
グローバルヘッドMarjan Delatinne氏は、

先日パリで行われた
ブロックチェーン・サミットにて、

xRapidが10の
金融機関にて既に使われると言及しており、

xRapidによる取引量も
日々増加していることを述べていました。

リップル社は
さらなる
自社製品の普及・拡大に向け、
さらなる動きを見せています。

リップル 広告グーグル 掲載 評価 評判 レビュー

ripple リップルの広告がグーグルに再び掲載!仮想通貨XRP利用の自社製品拡大できると断言できる理由とは?
引用元:https://coinpost.jp/?p=82717

Mercury FX was founded in 2007
to offer a wide variety of clients,

from high-volume corporations to
individuals, a faster, more efficient and
cost-saving currency service.
The high street banks are notoriously difficult,

slow and expensive when it comes to handling currency receipts and payments.
That’s a direct cost to companies and consumers.

Highly-competitive, transparent exchange rates with fast,
secure international payments and great personal service is
what Mercury FX is all about.

With offices in London, Hong Kong and Cape Town we have global coverage,
multi-lingual staff and access to over fifty currencies.
Save money and time and make life simpler.

Founder Alastair Constance and Matt Collins head up the UK office which houses
a team of specialists covering sales,
accounts, settlements, marketing and compliance.

ということで、
2007年に創業された
国際的な為替送金会社になります。




創設者は
Alastair ConstanceとMatt Collins氏で

ロンドン、香港、
ケープタウンにオフィスを構え、

世界各地をカバーし、
多言語を話すスタッフと5
0以上の通貨にアクセスできます。

ということですね。

xRapid

xRapidはxCurrentの
実装を前提に置いたプロダクトで、

従来の国際送金に必要な
中継プロセスを省くことができるものです。

通常、銀行間で国際送金が行う際には、
ノストロ口座と呼ばれるものを必要となります。

ノストロ口座とは、
銀行が送金先の国の通貨建てで
保有する口座のことを指します。

上述の例えに沿うならば、
日本の銀行は、
フランスでユーロ建ての口座を保有しており、
従来であればその口座を通じて決済を行う必要があるということです。

XRPが世界中の
銀行との取引における
中継通貨の役割を果たすため、
銀行は自社の資産をノストロ口座上で

管理するリスク(流動性コスト)を
大幅に削減することができるのです。

xRapidは
しばらくの間開発段階にありましたが、

今年10月に商用リリースが発表され、
米国の金融サービス系企業三社が実装を決定しました。

そして、
上記のように
順調に取引量が増えているということですね。

結論から
申し上げていくと、

この
リップル社の
グーグルへの広告掲載が
可能になったということで、

リップル社の知名度や
信頼性が劇的に上がって、

そして、
リップルネットに加入する
企業が劇的に増えることが予想されますね。

その理由に
ついて書いていきます。




まず、
広告表示というのは

テレビにしても
雑誌にしても
ネット広告にしても

例えば、
1000万人の視聴者が見ている
テレビでコマーシャルを流すとなると

一回の
放送で、
1000万人の視聴者にアプローチできるということですので、

たくさんの人の
目に触れるということで、

企業や
商品の認知度や
信頼性を上げるためには

絶対に
必要なことです。

広告大手の電通によりますと

2月28日発表した2018年の日本の総広告費は、
前年より2・2%増の6兆5300億円だった。

増加は7年連続。
インターネット広告費が同16・5%増の
1兆7689億円と5年連続で2桁増えた。首位のテレビに迫り、
19年には地上波テレビの広告費を抜く見通しということですね。

ただ、
もしも
テレビや雑誌やネットなどの
高校で詐欺的な広告を流せば、

その
メディアの信頼性を
疑われることになりますで、

メディアサイドとしては、
広告掲載する企業について、
慎重に調べるというスタンスは
当然のことです。

次に
グーグルは
検索エンジンや
グーグルマップなどのサービスを展開している
ネットIT企業ですが

何で
収益を得ているかと言えば、

アドセンスや
アドワーズといったネット広告です。

アドセンスや
アドワーズといったネット広告で

ユーザーが
ワンクリックするたびに

広告掲載している企業から
グーグルに何十円、何百円の広告代金が
入ってくるようになりますね。

リップルとしては、
当然、
ユーザーが
ワンクリックするたびに
グーグルに何十円、何百円の広告代金を支払うということで、

上記のように

「素早く、低コストな送金を」

というような
見ている人の心に突き刺さるような
キャッチコピーで攻めてくるのは当然の話ですね。

で、
グーグルに関して、

現在、
「Your Money or Your Life」という言葉の略で、
ユーザーの「お金」「人生」「健康」などに関わる
ジャンルのことです。

このジャンルの検索結果は、
多くの人の生活に大きな影響を及ぼすとのことで、

Googleは検索結果に
表示するコンテンツを慎重に選別するようになりました。

もちろん、
広告掲載する企業に関しても
仮想通貨は「お金」に関わるジャンルということで、

慎重に
選別するようになっていますね。

私は、
普段、お金儲けに関する
メルマガを発行しているのですが

本当に
誇大表現や
怪しい文面でメールを送っているような事業者に関しては、

即、
GMAIL上で
迷惑メールに振り分けるというような
現場の状況になってきています。

で、
昨年に
グーグルは、
去年の六月からICOや取引所を
含む仮想通貨関連広告の禁止を発表していましたが

その経緯について、
ご説明させて頂きたいと思いますね。

昨年は
ICO元年と呼ばれていました。

その理由は
一昨年にADAコインが
取引所に上場してから

何百倍もの
価格の高騰がありまして、

その
経緯で、
ICOで一攫千金を狙うような方が
続出したからです。

ただ、
ふたを開けてみれば、

ICOに参加した途端に
運営者と連絡が取れなくなった。

ICOに参加した途端
事業がとん挫してしまった。

取引所に
上場すると言っていたけど、

上場日時や
上場場所が相次いで変更された。

ICOで
取引所に上場した途端に

所謂
ICO割れというような
価格が暴落するという現象が起こった。

そして、
海外の取引所で
日本人の取引ができなくなったというようなことがありました。

で、
上記のようなことがあっても
現在のIPOのように事業者を取り締まるような法律はなく

ICOに
参加された方は、
泣き寝入り状態がずっと続いたということですね。

このような
ICOや仮想通貨の被害状況から

昨年に
グーグルは、
去年の六月からICOや取引所を
含む仮想通貨関連広告の禁止を発表していました。

そして、
昨年の10月から

同年10月からは、
そのポリシーが変更され、
公式発表にて以下のような声明を発表していた。

2018年10月に
金融商品およびサービスに
関する Google 広告のポリシーが更新され、
規制対象の暗号通貨取引を米国と日本において、
宣伝することが許可されるようになります。

広告主様は、
ご自身の広告の配信先となる国ごとに
Google の承認を受ける必要があります。

10 月に更新されたポリシーが施行されると、
広告主様は承認を申請することができるようになります。

ということで、
グーグルの承認を受ければ、

グーグル上で
アドセンスや
アドワーズといったネット広告の
広告表示ができるようになりました。

ただ、
「グーグルの承認を受ければ」という限定付きです。

先ほども
申し上げましたように

グーグルは、
自身のブランドイメージを崩さないように

現在、
「Your Money or Your Life」という言葉の略で、

ユーザーの「お金」
「人生」「健康」などに関わるジャンルに関しての

コンテンツや
広告表示に関して、
非常にシビアに選別するようになってきています。

そして、
ギャンブルや
アダルトなどのジャンルは
広告表示が禁止されています。

リップル社の

「素早く、低コストな送金を」

という広告表示であれば、
OKですが、

もしも

「XRP(リップル)で何十倍、何百倍」

というような
広告表示であれば、

まず、
「グーグルの承認を受けることはできないですね。

そのような
グーグルのシビアな
広告表示の承認を受けることができたということで、

ネットの
神様である
様にリップル社は認められることが
できたということです。

グーグルのシビアな
広告表示の承認を受けた背景としては、

やはり、
リップルネットに加入している
企業が多いことや

リップル社の
従業員のレベルの高さや
技術力の高さが挙げられます。

先ほども
申し上げましたが、

メディアの
絶対王者であるテレビから

ネットを
見る人が激増していることからも

今後、
ますます、
グーグル上での広告掲載を見る人は増えるはずです。

で、
グーグルが
今後、広告面でも
XRP(リップル)を激押ししていく理由として、

Gmail上でXRPTipBotを使って$
XRPを送金できるChrome拡張機能が公開されました。

これによって、
Gmail上でXRPを送金できるということです。

Gmailも
ネット上の独壇場というわけではなく

ライバルには、
ヤフーメールなどがありますし、

最近では
LINEなどのSMSサービスなどに
人が流れている経緯からも

メール上で
送金ができるというサービスを追加すれば、

上記のような
ライバル企業とも差別化できるということになりますね。

リップル 広告グーグル まとめ

ripple リップルの広告がグーグルに再び掲載!仮想通貨XRP利用の自社製品拡大できると断言できる理由とは?

英外貨送金企業
Mercury FX社は、

リップル社の製品
「xRapid」を利用した送金サービスを、
フィリピンやメキシコなどでマーケティング・
事業展開を行っていることから、
同社の事業内容を例にとっているものと思われます。

その広告には
「メキシコやフィリピンへ、
素早く、低コストな送金を」と書かれています。

また今年3月に、
Mercury FX社のCEOの
Alastair Constance氏は、

既に導入されている
メキシコとフィリピンへのxRapidを介した送金は、

メディアの
絶対王者であるテレビから

ネットを
見る人が激増していることからも

今後、
ますます、
グーグル上での広告掲載を見る人は増えるはずです。

リップル社はさらなる
自社製品の普及・拡大に向け、
さらなる動きを見せています。

以上、
「リップルの広告がグーグルに再び掲載!仮想通貨XRP利用の自社製品拡大できると断言できる理由とは?」について、
でした。

最後まで、
ご覧頂きましてありがとうございました。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

自己紹介

このページの先頭へ