ベガの壮絶な過去からのサクセスストーリーその3

しかし、
無職に追い込まれたような状態で、
何一つ私にできることはありません。

周りからの冷たい目線や、
どんどん貯金がそこをつくような状態で、
毎日、自暴自棄の状態が続きました。

zibouziki ベガの壮絶な過去からのサクセスストーリーその3

無職に、
なった経験がある方であれば、
経験されていると思いますが、

よい大人が昼間から何しているんだ!

といった
周囲からの冷たい目線。

将来に、
絶望しか感じない毎日。

本当に、
つらく厳しい毎日でした。

毎日、
呆然とネットサーフィンをする中で、

ネットで稼ぐということが
頭に浮かんできました。

私が
ネットビジネスに出会ったのは、
ネット上のオンラインポーカー広告が、
きっかけです。

その
オンラインポーカーを、
やってみようと思ったのは、
無職の生活に疲れていて、

ギャンブルでも何でもよいからお金を稼ぎたい!

と感じたからです。

元々、
オンラインポーカーを教えてくれる
Tさんも大学生時代から
ポーカーをされていて、

アルバイトもせずに、
自分のポーカーの実力だけで、
食っていたんですね。

かなりラフな
ライフスタイルを歩んでいました。

そんなTさんは、
学生時代には、
オンラインポーカー漬けになって、
留年を繰り返していたいようです。

そんな中で、

「自分の実力だけで食っているTさんから
オンラインポーカーを学べば、
何か人生のヒントがあるかもしれない」

と思って、
Tさんが販売している
オンラインポーカーの教材を購入したり、
コンサルを受け始めました。

そして、
Tさんからコンサルを受ける中で、

Tさんから
衝撃の言葉が出てきたのです。

「俺、オンラインポーカーでで毎月200万円くらい稼いでいるよ」

「え、200万円?!」

私は、
衝撃を受けて、
開いた口がふさがらなかったのを、
いまだに覚えています。

Tさんその当時、
まだ、留年中の25才の青年でしたが、

学生ながらも
ネットでその当時の私よりも
はるかに大きな金額を稼いでいたんですね。

しかも、
お世辞にも
勉強が出来るタイプではなかったですが、
オンラインポーカーだけは強かったようです。

これは、
私にとって、
かなり衝撃的でした。

ただ、
最初は「驚きと胡散臭さ」しか
感じませんでしたが、

話を聞くうちに
どんどん興味がわいてきたんです。

「一体、どうやったらオンラインポーカーで毎月200万円も稼げるんだ?」

「ネットで稼ぐって・・・?」

僕はド文系で、
電機メーカーの営業社員でしたが、

普段からパソコンを業務で使っていたので、

ネットのことについても
多少の知識はあるつもりでいました。

(今思えばまったく無知でしたが^^)
だからこそ、

「ネットで稼ぐ」
って点が余計に胡散臭く思えたんです。

Tさん
が何をしていたかと言うと、

エベレストポーカーという
オンラインポーカーのプラットフォームで、
世界中のライバルと戦い、

その
勝てるノウハウというのを
ネットを使って販売していたようで、
その仕組みを教えてもらったんですね。

zibouziki ベガの壮絶な過去からのサクセスストーリーその3

Tさんは、
オンラインポーカーで勝てることは、
もちろんのこと、

自分の
オンラインポーカーで勝てるノウハウを
大ヒットさせて、さらに爆発的に収入を得ていたということだったんです。

話を聞いて、
多少は理解できて、

「へ~オンラインポーカーって凄い!!」

と素直に感動しましたね。

その時期、
O君にあって、
一番収穫だったのが
オンラインポーカーがどうこうという話ではなく、

「ネットでお金を稼ぐ」

と言う点についてです。

というのが、そのときうつ病が結構ひどく、
「外に出て人とであう仕事」

は、
結構なストレスを感じる状態だったからです。

インターネットだけで、誰とも会わずに、
お金を稼ぐことが出来るんだったら良いな

と素直に感じたわけですね。

ただ、
ネットビジネスのよさがわかったものの、
すぐに壁にぶつかりました。

それは、
Tさんのようにオンラインポーカーに、
ぜんぜん詳しくないし、

また、それ以前に
ネットで稼ぐ経験すらやったことがなかった。

だから、
私が同じようにやっても
稼げる気が全くしなかったんですね。

また、
会社員として働いていた
プライドもあって、

「Tさん」にあれこれ聞いて、手取り足取り、
教えてもらって同じやり方で結果を出してもダサい。
みたいな想いもありました。

ここで、
再び悩むことになりました。

「オンラインポーカーで稼ぐことのよさは
わかったけど、 一体、何をすればよいんだろう?」

その当時、
私は完全に無知でしたから、
何をやるかすらわからない状態。

言ってみれば、

「稼ぐ手段は何だって良いからネットで稼ぎたい」
と言う状態です。

これは、まさに、オンラインポーカーのプロたちに、
「かもにされやすい状態」
だったわけです^^

オンラインポーカーを始めて
1ヶ月。

オンラインポーカーで、
勝てません。

そりゃそうですよね。

FISHというのは、
すぐにオンラインポーカーの猛獣たちに食われて、

早々とオンラインポーカーのテーブルから
姿を消しているです。

そして、
オンラインポーカーの
プレイヤーに残っているのは、
百戦錬磨のオンラインポーカーのプロばかり。。。

実は、
日本というのは、
オンラインポーカーの世界では、

かなりの後進国でアメリカやヨーロッパには、
オンラインポーカーで生計を立てている連中が山のようにいるんです。

こんなはず
じゃなかった。。

世界中のFISHたち相手に、
勝ってオンラインポーカーで稼ぐはずだったのに。。

完全に
自分がFISHになっている。。。

まぐれで何とか
10回に一回くらい勝てるくらいでした。

「最初の話とはまったく違う」

と言う事実が判明したのです。
そのとき、僕は

「やられた!」

と思いました^

zibouziki ベガの壮絶な過去からのサクセスストーリーその3でも、
このときの教訓は、とてつもない
勉強になりましたね。

そもそも、
Tさんに頼って、
他力本願で稼ごうとしたことが
すべての間違いだったんです。

オンラインポーカーで、
稼ぐ腕もなければ、稼げる仕組みもない。。

そんな人が
いきなり数十万も稼げるはずがない
冷静に考えると当たり前の話です。

ちなみに、
このデータを販売していた会社は、
は2年後に倒産しています。

今、
その人のURLは存在すらしていませんでした。

ただ、
この時、僕は

「淡い期待を抱いた自分が悪い」

とも多少なりとも感じました。

そして、
自分の力で稼ぐ
プロの世界というのは、
完全なる弱肉強食の世界で、
めちゃくちゃ厳しいと実感しました。

そして、案の定、多くの初心者と同じように
僕もカモにされ、50万円を失うことになるのです。

ネットビジネスの存在を知ってから、
すぐにカモられるというかなり間抜けな経験ですが、
この経験は今、思うととても勉強になりましたw

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ベガの壮絶な過去からのサクセスストーリーその4

サブコンテンツ

自己紹介

このページの先頭へ